2006年04月28日

ヲモイデ。

small.jpg


今朝、化粧をした直後に、今日のわんこスペシャルで
がんで今年が最後になるかもしれないわんこが出ていて
泣いてしまい、化粧を直す羽目になりました。。
老衰で穏やかに眠っていくことですら、とても悲しいことなのに
死を覚悟しながら、ともに過ごしていくなんて
本当につらいことだと思います。

前はボクサーと柴の雑種のエルちゃんを飼っていました。
エルはいたって元気なわんこで、
わたしが6歳の頃から、21になる年まで生きていました。

高校を出てから、日本を離れていたので
エルが死んでしまう前の2年くらいは、
あまり一緒に過ごしていません。
2000年の2月タイから2週間ほど帰ってきたとき
久しぶりに会ったエルはずいぶんおばあちゃんになってしまっていて
わたしのことも覚えていないみたいで
なんだかエルじゃない気がしました。

もうぼけてしまっていて、毎日一晩中一人で寝言のように
小さく吠えていたのですが、その日は途中から声が聞こえなくなったのです。
わたしもその日は、吠えている間もそばにいてあげたかったのですが
声が聞こえなくなったことに、不安を感じて眠れないまま
朝まで布団にもぐっていました。

朝起きてすぐに、庭に出てエルの様子を見に行ったときは
もうすでに深い深い眠りについて、冷たくなっていました。
ちょうどその頃、わたしが久々に帰ってきたのに休みが取れないといっていたママが
けがで休養しなくてはいけなくなり、うちにいられたので
兄も呼んで、エルの火葬をすることができました。

エルが、最後みんなと一緒にいられるようにしてくれたんですかね?

ちょうどそのとき、わたしが小さい頃すんでいたおうちからもってきた
夏みかんの木に、初めて大量の実がなったんです。
その家は売りに出したので、たった一度その年に実をつけただけで
木は切られてしまいましたが。
なんだか、何年も桜を咲くのを待っていたおじいさんが
やっと桜が咲いたあとすぐに亡くなったお話みたいでしょ?

エルは不思議な力を持っていたのかもしれませんね。
今でもエルのことは思い出して、泣いてしまうくらい
大好きで、大切な家族です。

夜中そばに行ってあげられなかったこと
久々に帰ったのに、あんまり遊んであげられなかったこと
それが今でも悔やまれます。。
posted by あふりんご at 10:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  コーギー部     CORGI+PHOTO  BACK RANDOM NEXT LIST

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。