2006年01月20日

考えてみる。

フロがうちに来て、早一ヶ月。
フロはだいぶ変わりました。
初めの頃はほとんど無表情で、慣れているように見えても
緊張が取れない様子でした。
噛み癖はなかなかとれなかったのですが
おすわりも、ふせも、トイレも教えればなんでもすぐに覚えます。
でも、前飼っていたボクサーと柴の雑種の子に比べると
世話が焼けるような気がしてなりませんでした。
内犬が初めてだからそう思ったのでしょうが。。

本当に打ち解けてきたなと思うようになったのは
今年に入ってからですね。

わたしたちは犬を飼いたくて、今のマンションに引っ越してきました。
ただ、引っ越したばかりで、経済的に見ても精神的に見ても
まだ飼う時期ではないと思い、我慢をしていたのです。
今年の年末に飼うつもりでした。

そこに現れたのが、フロイラインでした。
もとは、会社の人が知り合いの材木屋さんに行ったときに
コーギーがフォークリフトに繋がれていたという話から始まりました。

その材木屋さんの近所の人が
「夜中に裏の公園でコーギーが一人で走っていた」
と言っていたそうです。
誰も信じていなかったのですが、材木屋さんで働いている人が
小さなコーギーを抱えてきたのを見て、みんなびっくりしたそうです。
幸い、材木屋さんではわんこを3匹かっていて
お古の首輪とひもで、外につないでおくことができました。
外につないでおけば、探しに来た人がすぐに見つけられると思ったからです。

うちで引き取りたいと思い、そこに電話をしてもらい見に行きました。
でも、うちの状況を考えて、飼い主探しに協力するということで
一度はお断りしました。
しかし、一週間以上だれからも連絡はありませんでした。

やっぱりあきらめきれない。

一度は引き取ろうと思った子、何度も考え、つんにも相談しました。
つんとはなんとか折り合いをつけて、うちで引き取ることになったのです。

コーギーを飼うことなんて、一度も考えたことはありませんでした。
わたしはブルドッグのようなブサイクな犬が大好き。
つんはジャックラッセルテリアを欲しがっていました。
しかし、引越し、犬を迎えることが具体化してきてからは
知り合いの里親ボランティアで、いい子を見つけようかと思うようになりました。

わんこならどんな子でもかわいいに決まってる。

実際、フロを迎えて本当に良かったと思います。
大変なこともあるし、二人で出かけるのに制限も出てきてしまう。
でも、それ以上に楽しいこと、しあわせなことがたくさんあります。
今、わたしたちのそばをくっついて歩くフロを見て
うちに来てくれたことを本当にありがたく思っています。

mimi.jpg
わたしの耳で遊ばないでぇ。
posted by あふりんご at 21:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  コーギー部     CORGI+PHOTO  BACK RANDOM NEXT LIST

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。